下半身が張ってしまい六本木出張マッサージを利用しました

運動不足になっていた時に久しぶりに激しい運動をしてしまい下半身がすごく張ってしまいました。そのため出張マッサージを利用しようと思って自宅に帰ってから電話で予約をしました。電話をしたら現在空いているみたいで都合の良い時間で大丈夫ですと言われたのですぐお願いしますと伝えて90分コースを予約をしました。それで予約をしてから20分後にセラピストの方が自宅の到着したのでよろしくお願いしますと挨拶をして自宅の中に案内をしました。

最初に施術代の15000円を支払ってその後にセラピストの方が体の状態を確認してきました。それで激しい運動をして下半身がすごく張っているという事を伝えて下半身を中心にマッサージしてもらう事にしました。

マッサージの施術が開始されて最初に肩や背中などを軽く揉みほぐしてもらってから下半身に入っていきました。それで下半身の中で特にふくらはぎを中心に揉みほぐしてもらいました。それでふくらはぎを揉みほぐしてもらっている時に激しい運動によって乳酸が溜まっている他にむくんでいるとも言われました。ふくらはぎのむくみの原因は血行が悪くなっている事なので血行改善した方がいいとセラピストの方からアドバイスを受けました。それでマッサージを受けた後に適度に運動するなど血行改善に取り組むようにしました。

六本木はグルメの町

六本木はよく通っていましたし、働いてもいました。

そんな六本木、どうしても外国人の町、そして夜の町としてのイメージが強いかもしれません。
そもそも六本木にはたくさんの大使館もありますし、外国人は朝から晩まで多く見かける場所で、夜になると余計に人降雨が増える街だから仕方ありません。

ですが、この六本木、実はグルメの町でもあるのです。
というのも、日本ではなかなか味わえない世界の料理を味わえる場所でもあるからです。
例えば、今では定番となったポルトガル語でシュハスコ、日本ではシュラスコと呼ばれるブラジル版焼肉とでもいうような肉料理も六本木から始まり、今では表参道、他にも色々な場所にお店があります。

それに、シンガポールの名物料理とも言われているチキンライスは、今もあまりその専門店は日本にはありませんが、六本木では昔からあり、それは雑誌にも何度も載るほどの名店として知られています。

さらに、今では日本人の中でも知っている人が多くなってきた韓国料理のタッカンマリも、日本では食べられる場所が少ないのですが、六本木ではそれを扱っているお店もあり、そこは芸能人も足しげく通うほどのお店なのです。
そのくらい、六本木はグルメの町なのです。

トップに戻る